So-net無料ブログ作成

中学受験の理想と現実 [★children★]

1号には5年生の頃から目標にしている中学があります。

そこはとても(1号にとっては)レベルの高い学校で、

当初からじゃすみんはあまり無謀な夢を持たないでほしいと

心配していました。

高い目標に向かって頑張ることはよいことですが

それにあまりに固執しすぎると、方向転換をするときに

挫折感になってしまわないかとはらはらしていました。

それが現実になってしまいました。

1号はガリ勉できるタイプではありません。

どちらかというともって生まれたセンスでこなしてきました。

しかし6年生のこの時期になると、みな必死でガリ勉します。

そういう子たちの積み重ねには到底かないません。

このところの成績の落ち込みは激しく、目も当てられないほどです。

でもそれが1号の実力。

有難いことに東京には偏差値にとらわれなければとてもよい学校がたくさんあります。

1号の実力で、1号を伸ばしてくれるような素敵な学校もあると思います。

いろんな学校の先生とお話ししたり、説明会も行きました。

1号の執着心さえ取り払ってくれれば、素敵な将来も見えてきます。

ところが1号にとって、目標にしていた学校からの方向転換は

レベルを下げる=敗北と感じてしまうようで、いくら話をしても

感情的になってなかなか話が進みません。

「その学校を受けさせないなら受験をやめてやる」とか

「方向転換するなら受験なんて意味がない」とか。。。

じゃすみんは今の住んでいる地域の教育委員会のやる気のなさに

辟易していますので、公立に行かないというだけでも

受験する意義があると思っています。

今までの目標にしていた学校を受けないということが敗北ではなく

勝利への近道なのだということに気付いてほしいなぁ。。。


nice!(4)  コメント(5) 

ああ無情。。。 [★Smap★]

今日は怪獣どもの学校の運動会でした。

運よく10時前後は怪獣どもの競技がなかったので

頑張って携帯から電話しましたが。。。

見事撃沈;;

つながった時には売り切れのアナウンス。

やっぱりK2は見ることができないのか;;

すぐそこでやるのに見れないとは。。。

ああ、無常。。。
nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。